部費が欲しけりゃブヒブヒ言えよ!!ネタバレ第4話

次の性交渉の相手は…

次の性交渉の相手は、

空手部の幼馴染、榊原操、有段者だ。

空手着を着た姿は凛々しいうえに美人。

その引き締まった身体からは

気迫が伝わってくるようだ。

生徒会長は彼女が正義感の塊のような性格

なのを知っているので、

生徒会長は彼女が性交渉などに応じるはずがない!

と決めつけて戦々恐々なのだ。

つまり、性交渉が成立しなくて、

代わりに殺されるかもしれない!

と思って恐怖で震え上がっているのだ。

指定された場所に行ってみると…

空手部部長から招待のメールが来たので、

生徒会長はとりあえず指定された場所へ

行ってみた。

すると…

中に誰かいるようだ。

良く見てみると、それは幼馴染の榊原だった。

ちょうどそこに、

タイミング良く空手部部長からメールが届いた。

そのメールによると、榊原は薬で眠らされているらしい。

メールでは、自由に性交渉して良いといういことらしい。

生徒会長は正直ビビった。

しかし、一連の異常な性交渉で感覚が麻痺したからなのか、

直ぐに気を取り直すことができた。

時間も限られてることだし、せっかくだから…

眼の前においしい獲物があるのに、

それを無視して素通りする者はいない。

生徒会長は、メールの通りに

することにしたようだ。

生徒会長は榊原の空手着を脱がせた。

下半身はスパッツを履いている。

鍛えられた太ももにスパッツが食い込んでいる。

上半身はTシャツを着ている。

女性なのではだけるのを防ぐためであろう。

生徒会長はスパッツの上から彼女の

アソコを指でいじり始めた。

指で軽く押すだけでズンとめり込んでいく。

生徒会長は調子に乗ってスパッツの上から彼女の

アソコに口を当てた。

生徒会長は更に調子に乗った。

つまり彼女の太ももを両手でムンズと掴んで

本格的に彼女のアソコに口をつけたのだ。

まるでスパッツの上から彼女のアソコを

クンニするような体勢だ。

彼女は薬で眠らされているということで

多少大胆なことをしても気がづくことは

ないだろうと安心して好き放題やっている

のだろう。

やっ!

生徒会長がついに彼女のシャツをめくって

おっぱいを露わにした。

鍛えられた身体にふさわしいお椀型の

きれいなおっぱいが現れた。

生徒会長が彼女の乳首を吸い始めた。

そしておっぱいを好き放題に舐めまくった。

ついに彼女の唇に…

生徒会長は彼女のおっぱいを

舐めまくるだけでは飽きたのだろう、

ついに、眠っている彼女の唇にキスをした。

しかも、彼女の口の中に強引に舌を入れる。

そしてついにはディープキスとやりたい放題だ。

生徒会長はビンビンのアレを…

生徒会長はビンビンになったアレを

眠っている彼女の手に握らせた。

眠っている彼女にしごかせるらしい。

眠っている彼女がしごくはずはないが、

自分で動いて彼女がしごいたと

同じ形にするのだろう。

彼女の手で順調にしごいてもらうと、

やはりいずれはイキそうになってくる。

いよいよイキそうとなったとき、

生徒会長は考え直した。

つまり、このままイクのはもったいない!

やはり、彼女のアソコに

挿れたくなったのだ。

101067200_BookLiveコミック【AC】部費が欲しけりゃブヒブヒ言えよ!※スマホ専用
部費が欲しけりゃブヒブヒ言えよ!

 

タイトルとURLをコピーしました